BLOG
FUKUI'S BLOG

アメリカの住宅を視察(ポートランド②)

2018.09.03| 勉強

アメリカ初日はぐっすり眠り、朝が少し遅めの出発だったので、周辺を歩いてみました。

これぞアメリカの住宅、といった感じのロケーションが広がります。

住宅街にも緑が多くて、とても気持ちよかったです。やはり国土の違いでしょうか。一つ一つがゆったりしていて良いですね~。

その後は今回のメインの目的地である、住宅展示会場へ!駐車場に敷かれていたウッドチップ。日本の物とは色が違います。

ストリートオブドリームス(Street of Dreams)という、どストレートなネーミングの展示場ですが、入場だけでも20ドル必要で、ある種の観光地的な雰囲気もありました。

アメリカでも古材は人気な様子。

お家が5棟位ありましたが、まず何といっても全てがデカすぎ!プライスも億単位で実際アメリカ人でさえこんなお家建てられるのか疑問はありますが、結構現地の人で賑わっていましたよ。好景気なんですね~。

家の裏にはゴルフ場もあったりして、どれだけ~(*´з`)

パーツは福井建設のお家にも取り入れられるので、細かい部分に注目するようにして見始めると、当社でも使用しているアウトセットの金具を発見!

アメリカのスイッチは大きなパチパチがほとんどでした。

天井の板張りは多用されており、間違いない素材だと確信。

アウトドアリビング憧れますね~。

施工する大工さんは大変ですが、細い材料もカッコ良く、今度使用してみたいと思いました。

造り付けのベンチも多く見られます。

そしてアメリカ人はタイル好き!床から、

壁と色んな所でいちいちオシャレなタイルを使用していて参考になりました。

こちらの小さいバージョンは当社でも何回か採用した事があります☆

最先端の国だからか、スマートホーム化も進んでいました。どうでもいい話ですが、これに触発されて帰国してからグーグルホームを購入する事に(^-^;

ハウスナンバーはどれもデカめ。フォントが良い感じです。

途中でお腹いっぱいになり、最後の方はサラッと見る程度になってしまいましたが、現地の最新の雰囲気を味わう事が出来て良かったです。
意外だったのは、ドアハンドルや装飾などでゴールドが少なく、ブロンズやシルバーが多かった事でしょうか。
全体的にサイズは大きいですが、ザ・ゴージャス!といった金持ち感ではなくハイセンスの良いなお家でした。例えると不動産会社社長ではなく、IT社長的なイメージ。

展示場の後は次の目的地であるシアトルに向かいますが、途中で建築中の現場を見学!本場のラップサイディングは塗装して仕上げています。

本場の2×4は日本と違って地震が無いからか、集成の梁などが無く、構造は思ったよりチープ。日本の住宅の頑丈さがよく分かりました☆

移動中にはホームセンターにも寄ってもらい、ハウスナンバーなどGET!

シアトルに到着した夜。アメリカ食にも少しお腹いっぱいだった所、気を遣って頂き郊外の日本レストラン、その名もTOKYOへ!

本場の寿司?のカリフォルニアロールは予想以上に美味しかったです。

この頃から何故か時差がきつくなり、ホテルに戻りシャワーを浴びると、いつの間にか眠りにつくのでした。

福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし