BLOG
FUKUI'S BLOG

北国ではとても大事な断熱について勉強をしてきました。

2014.12.09| 勉強

先日お世話になっている荒木建材店さんが主催の断熱についての勉強会に行きました。
断熱が家を造る上でどれだけ重要かは、もはや説明が要らないと思いますが、日々進歩を重ねている断熱材の中で今現在どれが優れているかまでは、正直あまり分からない物です。どのメーカーさんもいい事しかいいませんしね。
今回の勉強会は断熱の中で広く普及している『グラスウール・スタイロフォーム・吹付け(アクアフォーム)』の3種類のメーカーの方に説明してもらって比較するという内容です。
1_R.jpgスライドやムービーで各メーカーさん分かり易く説明してくれました。
4_R.jpgそれぞれ長所と短所がありますが、仮に一棟の住宅で次世代省エネ基準をクリアする性能にした場合を比較すると、
グラスウール→施工性◎ 価格◎ 断熱性能〇
スタイロフォーム→施工性〇、価格〇 断熱性能〇
吹付け→施工性〇 価格△ 断熱性能◎
お客様に提供する事を考えると、壁・天井はグラスウールで、床はスタイロフォームがより現実的で、より性能を求める場合はグラスウールの3倍位のコストが掛かりますが、吹付けという事になります。
弊社では、床にスタイロフォームの75mm・壁と天井に高性能グラスウール16Kの90mmを使用しており、これは次世代省エネ基準を楽々クリアする内容で、価格面でも提供し易く、それぞれの断熱材の良い所が集まった物になります。
興味深かったのが、どれだけ良い断熱材を使っても施工が悪いと台無しで、隙間があったり曲がったりする事は当然NGな事。もちろんしっかりした施工はしていますが数値がこれだけ下がる事を見ると改めて注意が必要です。5_R.jpg
勉強の後は会場を移し、河北町にある「ひなの湯」にて懇親会へ。少し早く着いたのでしっかり温泉にも入り2_R.jpg※入浴は250円!しっとりしたお湯でなかなか良かったです(^O^)
食事をしながら色々と情報交換して終了!3_R.jpg
沢山の人と話す機会があると色んな意味で気持ちが鼓舞されます!為になった一日でした。

福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし