BLOG
FUKUI'S BLOG

気密測定

2017.01.16| 現場日誌

完成が近づてきた長町T様邸で気密測定を実施しました。

今年は性能などについて分かりやすい形でお伝えしていきたいと思っていますが、気密性は数値で計測する事が出来るので、まずはその第一歩です。

2×4工法だと床と壁の隙間がほとんど無くなる為、そもそも気密は取り易いですが、壁や床の貫通部分や、ユニットバス・玄関廻りの施工に気を付けたり、手間を加える事でより良いお家が出来上がってきます。

福井建設ではデザインと性能の両立を目指して様々な取り組みをしていますが、今回のT様邸は4枚建ての大きなサッシがあったり、リビング部分は平屋にして勾配天井にしたり、外観を重視する為に凸凹を造ったりと、性能が出易い真四角でシンプルなお家とは真逆な事をした為、果たしてどれ位の数値になるか…。

計測は気密測定士の方に来て貰い測定します。2017-01-13 (9)_R大きな機械をセットして、

風を外に出していきます。2017-01-13 (10)_R

そして計測完了!2017-01-13 (13)_R気密性を表すC値は0.9でした!0.9といってもあまりピンとこないですが、1以下はそんなに簡単な事ではないのですよ(^O^)デザインを重視した状態でこの数値なので、満足いく結果になりました。

自然素材や好きな物に囲まれたお店の様なお部屋で、雰囲気だけではなく、確かな性能があってこそ、ほんとに心地良いお家と呼べると思いますので、更なる向上の為に日々勉強していきます☆

福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし