古材を使った男前インテリアハウス

山形市みはらしの丘 H様邸 南欧スタイル/延床面積32.82坪
屋根:アスファルトシングル 外壁:スタッコラースト塗壁・レッドシダー張り・窯業系サイディング
内壁:足場板・古材・輸入クロス・クロス 床:ボルドーパイン無垢フロア その他:オーダーキッチン・造作洗面台・輸入無垢建具・OSB合板壁
  • アンティーク感のあるボルドーパインの床に木部はLivosのチェストナットで着色し、落ち着いた雰囲気のお部屋になりました。
  • 大胆な壁紙はウィリアムモリスの「いちご泥棒」の輸入クロス。照明の影が良い感じに合っています。
  • ステンレス天板のオープンキッチンから見るお部屋はまるでカフェの様です。
  • キッチンの正面には古材や現場の端材をMIXし、オーナーがDIYで貼りました。サブウェイタイルや背中のグリーンのクロスと合わさり、とてもカッコ良いです。
  • ダイニングの壁には足場板を乱巾・乱尺で貼り、お部屋のアクセントにしました。
  • 古材と足場板が調和し、素材の良さを感じお部屋になっています。
  • 食品庫や収納の中はOSB合板でカッコ良く仕上げました。画鋲やビスがどこにでも効くので、とても便利です。
  • 寝室は定番の輸入クロス、Graham & Brownのイエローに花柄のクロスを一面に貼りました。
  • オーナーのこだわりの造作洗面台には、オランダ/Eijffingerの大胆なクロスを部分的に貼り、ボウルはヤスダプロモーションK-1800・水栓はTOTOのグースネックタイプのハンドシャワー水栓・モザイクタイルに壁のニッチと、細部まで打合わせを重ねて造りました。
  • ブラックとグリーンのクロスとヘリンボーン調のクッションフロアを使い、渋くまとめたトイレ。
  • バランスの良い外観に、レッドシダーとモルタルの床が男前な雰囲気をプラスしています。
福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし