REPORT

造作工事(ウッドデッキ)

2020.03.18| 造作工事

内部の造作工事が終わり、いよいよメインとなるウッドデッキの制作が始まりました。まずはデッキの養生を剥がして根太掛けから。今回はデッキが26畳もあるので順繰り掛けています。根太掛けが終わると床敷きに。 継ぎ目を合えてずらしてもらい、階段上にしています。こちらは好みの問題ですが僕は乱雑なほうが好きです。こちらをどんどん進めていきます。 張り上がるといい感じに。面積が大きいのでここまでで4日の道のりです。今回仕様デッキ材はウエスタンレッドシダーデッキ材の種類は一番安価なSPF、デッキ材の耐久性が高いイタウバ、樹脂製のバイタルデッキ等様々有りますが、施工のしやすさ、デッキ材の感触、なにより柏倉材木の社長の強い勧めでレッドシダーを選びました。弊社で施工した柏倉さんのデッキがいい感じなんですよね。 床材としての値段はSPFの倍以上しますが柏倉社長がまけてくれることを期待します(笑)

大工工事は造作家具工事が残っていますが、現在建方により一時休憩中、あくまでお客様優先で。ほんとは4月中には完成予定でしたが、コロナウィルスの影響でトイレ等入荷ならないので完成は5月に入りそうな感じです(泣)早く、落ち着いてほしいです。

工事は続いて塗装、左官工事と進んでいきます。

福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし