REPORT

造作工事(板張工事)

2020.02.12| 造作工事

一時的に降った雪も全て溶けて現場は順調に進んでいます。造作工事でボードが張り終わりいよいよ化粧、今回は板張りです。今回は色々な板材を張ってみよう!ってことで様々な材料を取り寄せています。まずは古材!I様邸のキッチンやT様邸の天井等、いろいろ張らせてもらいましたが今回のモデルでも。今回はキッチン上部天井とキッチン前カウンターに張る予定です。ラフな感じがやっぱりいいですね。以前行ったアメリカでも軒天に張られていたかっこよかったので今回は是非やりたいと思っていました。巾をランダムにしたことと、木口をあえて見せているところがラフ感をだしている肝でしょうか。このために今まで色々と古材を集めていたので、今回ようやく実現できるので仕上がりが楽しみです。

続いてレッドーシダー、こちらは玄関上部軒天と1Fホール天井に張ります。こちらは様々な会社さんでも張っているので特段目新しさはありませんが、ただただいいですね!ここちらが経年変化で色ムラ出来てくるのがたのしみです。

続てパイン材、今回は2階デッキ上部の勾配天井に張ることにしました。こちらは節があってより木の感じがするでしょうか。本当はレッドシダー張りかったのですが、面積が多いので金額がとんでもないことになりそうだったのでパイン材にしました。ただこれはこれでよかった。梁と絡むとよりウッディな感じになっています。

続いてシップラップ。シップラップって何って方が多いと思いますが、調べてみると合じゃくり、 相互はぎとのこと。ホワイト塗装された板張りですが、面取りされていてただの板張りよりアクセントが強くなっています。アメリカのモデルハウスで見た時にとても雰囲気がよく、写真のように勾配天井や壁に張ってみたいと思ってました。そこで今回のモデルハウスに辺り、アメリカでいったメトリーより取り寄せてもらいました。早速張ってみるとMDFの為、張りやすいとのこと。壁は1×8の寸法ですがいい感じの目地感覚です。こちらはリビングの勾配天井に1×6を張る予定ですが、こちらも仕上がりが楽しみ。よりアメリカの住宅のような感じになるのかな。

このほかにも外部サイディングとしてレッドシダーのベベルサイディングや、シングルパネルを張る予定ですが、そちらは張った際に紹介します。

福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし