REPORT

基礎工事(配筋)

2019.10.08| 基礎工事

型枠を組んだ後、コロコロとシーラーを塗っています。これを塗ると型枠が外しやすくなったりするんだよ。と教えてくれました。

現場に沢山の配筋が到着。

こちらは配筋を曲げたりする機械。

D10という呼び名の配筋を200mmピッチ(間隔)で組んでいきます。

呼び名の差は、ざっくり考えると太さが違いますね。

ちなみにこちらが基礎伏図になり、大沼左官さんはこちらをもとに形にします。

駐車場側は深基礎になって、コーナーの辺りは芸術的な組み方になりました。

見えにくいですが、地鎮祭の時に貰った玉串を、鎮め物としてセット!

このタイミングで設備配管も先行して入れました。

次はいよいよコンクリートを打設します!

福井建設の家づくりの本できました|郵送のお申込み
一度は読んでおきたい福井建設の家づくりのはなし